商品誕生STORY

すっぽんコラーゲンの成分 商品紹介

「すっぽんコラーゲン」配合成分表

1袋(62粒)あたり

エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
ナトリウム

112.84 kcal
8.6g
7.4g
2.4g
21.5mg

原材料

すっぽん黒焼き粉末、ビタミンE、月見草油、フィッシュコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、すっぽん由来コラーゲン、たんぱく質

内容量

20.46g

ご購入はこちらから

宝仙堂の「すっぽんコラーゲン」には、すっぽん由来コラーゲンをはじめ、厳選された5種類の美容成分がバランスよく含まれています。

すっぽんコラーゲンの源
エンペラとは

すっぽんの甲羅の縁で、甲羅を支えるスポンジのような役割を果たす部分。すっぽんのコラーゲン成分はこの部位のみに、集中している。

「すっぽんコラーゲン」にはエンペラ抽出コラーゲン以外にもすっぽんの黒焼き粉末が配合されており、これにはすっぽんに含まれる全てのアミノ酸と有効成分が含まれています。3工程で丸2日、計48時間近くかけて行われる黒焼き作業の後、内臓、肉、骨、甲羅、頭など主要な部分が粉末化されたものが、すっぽん黒焼き粉末です。これには昔の人が大切にしてきた健康の秘訣がぎっしりと詰まっています。

あの楊貴妃も食べたといわれているすっぽんは、古くから中国で食され、薬膳として皇帝に捧げられていたようです。
中国ではすっぽんを漢方薬として珍重しており、甲羅から血まであらゆる部分が活用されています。

本来の意味はすっぽんの甲羅の縁にある、エンペラという部分から抽出されたコラーゲンのことです。しかし、すっぽんのエンペラは希少な部位なので、この部位抽出のコラーゲンを配合したサプリメントは少なく、多くはすっぽんの黒焼きと呼ばれる、すっぽんを丸ごと粉末化(微量のコラーゲンを含む)したものを配合しているようです。
宝仙堂の「すっぽんコラーゲン」には、エンペラから抽出したすっぽん由来コラーゲンと、黒焼きすっぽんの粉末の両方が配合されています。
すっぽんエンペラから抽出したコラーゲンを配合しているサプリは、宝仙堂の「すっぽんコラーゲン」だけです。

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間を埋めている、保水力の高いゼリー状の物質です。
コラーゲンがハリを支える柱の役目を果たすとすれば、ヒアルロン酸は柱と柱の間を埋める壁土のようなもの。
柱が足りなくても、壁土が減っても、土台はくずれはじめます。
どちらも年齢と共に減少していくので、補い続けることが大切です。

月見草は明るい黄色の花を持つ植物で、かつては根や葉をインディアンたちが傷の治療に用いていたといいます。
近年の「月見草ダイエット」のブームを記憶しておられる方もいると思いますが、月見草オイルはリノレン酸(LA)とガンマリノレン酸(GLA)という若々しさを支える成分を含んでいます。
また、女性のデリケートな体のリズムによる変化を、穏やかにするともいわれています。

ページTOPへ

すっぽんの里 安心院

安心院と書いて「あじむ」と読みます。
別名「すっぽんの里」。

三本の清流に囲まれた清冽な自然の残るこの地は、稀代の食通・木下謙次郎氏がこよなく愛したすっぽん料理の名店の存在で知られています。
名著「美味求心」で紹介され、文豪松本清張や多くの文化人を唸らせたすっぽん。
この地を訪れる観光客の大半がすっぽんを目当てにしていることがどこよりも美味しいすっぽんがいる証拠。

すっぽんは江戸時代には「常に鼈(すっぽん)を食せば終身白髪を生ぜず、皺(しわ)寄らず滋潤少年の如し」と尊ばれた食品。
宝仙堂は良質のすっぽんをお届けするために温暖な気候と清流に恵まれたこの地に「宝仙堂 安心院すっぽん養殖場」を設置し、35の養殖池で常に約2万匹もの滋味豊かなすっぽんを育成しています。

極上のすっぽんを作る決め手は養殖池に源泉を掛け流すなど、すっぽんに最適な水温30度の環境を保つことと「臆病なすっぽんの性格を熟知してストレスを与えず穏やかに」という環境とソフト面がとても重要。こうした優れた立地、優秀な設備、そしてこの道20年を超えるベテラン所長を中心に熟練のスタッフによって「特別なすっぽん」が完成されるのです。

商品担当者が見てきた宝仙堂「安心院すっぽん養殖場」の様子はこちらからご覧いただけます

キャンペーン中!お得で便利な定期購入コース

ページTOPへ